発達メガネと家族の日記

発達障害と向き合いながらなんとか生きてるポンコツさんとその家族の日記

発達障害者は社内SEに向いているか?

f:id:heroshimegane:20200108173707p:plain

発達障害者は社内システムエンジニア職に向いてる?

 

 

先日、同じくADHDを持つ、若い大学生の知り合いから聞かれたので、そこで答えた内容を書きます。(ボクは20年以上、社内SEやってましたので)

 

結論からいうと、「一般枠で」社内SEになるのはあまりおススメしないです。
(※ぜんぜん成功してらっしゃる方もいると思うので、私個人の意見です)

 

まだ新卒から数年といった期間であれば、むしろ働きやすいこともあると思います。
(ボクはそのころに勘違いして、そのままずるずる来ちゃった系です笑)

 

若いころは、先輩やリーダーの指示に従って、言われたとおり、もくもくと簡単なプログラムを組んだり、コマンドをうってシステムの運用したり、というのがメインでしたので、難しいコミュニケーションや、判断など求められることは少なく、もし必要な場合でも先輩にサポートしてもらえるので、システム系のスキルも身につくし、このままずっとやっていけると勘違いしがちです。

 

ただ、中堅になって以降、徐々に苦しくなってきます。

 

せっかく若いころに覚えたプログラムやコマンド操作などのスキルも使える機会がなくなってきます。
だんだんやらせてもらえなくなります。

 

どちらかというと、多くの社内の会議に出て、どういうシステムが必要なのかを判断、検討して、それをわかりやすくまとめて社外のベンダーや、協力会社さん、後輩たちに指示を出す。
つまり手を動かすことよりも、ボクらが一番苦手な「コミュニケーション力」が徐々に必要になってきます。

 

よほど手を動かすスキルとか、知識が群を抜いて突出したレベルであれば、スペシャリストとして30代、40代、もしくは会社によってはもっと先まで重宝されるかもしれませんが、「人より出来るレベル」くらいのスキルしか持っていないのであれば、もうそのスキル、ほとんど使わなくなってきます。
とにかくコミュ力です。さきほどの例もそうですし、あと中堅になると社内SEでも客先に連れて行かれて説明しなきゃいけない場面なんかもあります。プレゼン力ですね。

 

同僚や上司の力を借りて(借りまくって)、なんとかこのステージを乗り切ったとしても、うまく乗り切っちゃうと、望んでもいないのにリーダー職クラスになっちゃったりします。

 

そうしたらもう、3つ、4つ、5つ、もしくはそれ以上のシステムの開発の進捗管理やらチーム管理やら面倒見なきゃいけなくなったりするので、マルチタスク力が必要になります。チームのお仕事の納期、期限は自分が管理しなきゃいけません。先延ばしや漏れは許されません。(ボクはここでメンタルぶっ壊しました笑)

 

そして毎日朝から夜まで会議漬けだったり、開発費用とか保守費用のお金の管理だったり、役員さんとか偉い人に囲まれて説明したり理不尽に怒られたり、数百人の前でプレゼンしたり。

 

とにかく発達さんができないことを、当然のように、出来て当たり前のようにいっぱいやらされました。
出来ないと、毎回人事評価の時期に怒られて、給料下げられます(笑)
もう毎日劣等感、劣等感、劣等感の連続です。(でした。)

 

ということで、「一般枠で」の社内SEはおススメしないです。
最初からできないことばかりだとすぐに他への転職も検討できるんですけど、最初の若いうちは仕事内容的に結構出来ちゃうんで。
勘違いでずるずるやっちゃって、やばいと気づいて他のことやりたいと思った時には時すでに遅し。っていうボクみたいになっちゃいます笑

 

ただ、「障害者枠で」の社内SEは、どうなんでしょうね?
最初からコミュ力とかマルチタスクとかポンコツです宣言したうえで就職した場合。
これはまだ経験がなくて、これから2月に実際に障害者枠で就職予定ですので、
やってみてから、またおいおい報告ということで。

 


あと、ちなみにお仕事するうえで私が参考にしている本のご紹介。
👇クリックして、概要と目次チェックしてみてください。参考になる本だと思います。